橋の隣らへん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第三回平城CSレポ

昨年の公式大会の結果を書こうと内容考えてたのに0-3かまして以降、全くブログ書いていませんでした、こんにちは。

3/15の平城CSに出てきたのでデッキとレポを書きます。


まずは使用デッキ。

『包囲網フォーミュラ』
1 x 光牙忍ハヤブサマル
2 x 光牙王機ゼロカゲ

1 x パクリオ
1 x ハリケーン・クロウラー
3 x 龍覇 M・A・S
2 x 偽りの名 iFormulaX
1 x セイレーン・コンチェルト
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x パーロックのミラクルフィーバー
4 x 知識の包囲網

1 x 威牙の幻ハンゾウ

1 x 不知火グレンマル
1 x 轟火シシガミグレンオー

4 x 霞み妖精ジャスミン
2 x 天真妖精オチャッピィ
2 x ドンドン打つべしナウ
4 x フェアリー・ライフ
2 x ライフプラン・チャージャー
1 x 逆転のオーロラ

2 x フェアリー・シャワー

超次元
4 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+
1 x 龍芭扇 ファンパイ/龍脈空船 トンナンシャーペ/亜空艦 ダイスーシドラ
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー

テーマ曲(F1のあれだ)




大会の1週間前に突如参加することが決定して、その日回すうちにこれでいこうと決めました。
環境の予想としては、vault大会を参考に緑単、イメン、黒単辺りが多いかな、と。最近は「強いデッキ」の情報が広まるのがものすごく早く、TwitterをしているだけでCSの入賞レシピだとかvault大会の参加傾向・上位デッキが簡単に把握できてしまいます。そのためvault大会の傾向を追っていけば、大まかな環境は把握しきれるというのが今の考え。数年前だと参加者も今より少なく、ある意味ガラパゴス化したような、vault特有の環境っていうものがあったように感じていたので鵜呑みには出来ない、という意識を持っていましたが状況が変わってきています。

また、参加デッキの傾向を見ても、100人の参加者に対してもっとも多いデッキタイプが20人を超えるような状況がほぼなく、何とでも当たることを考えておかなければならない、という点があります。これは逆を言うと苦手なデッキが存在しても複数回対戦しなければいけない状況は発生しづらい、と取ることが出来ます。

フォーミュラを握った理由としては、まずは早いデッキ相手に強いことがひとつ。最多であろう緑単に勝てて、黒緑速攻やモルト系統も一定数はいると予想されるがそれらに勝ちにいけることが重要だと考えました。また、苦手デッキとしてハンデスが挙げられます。ドロマーが数を減らしていましたが黒単がCSで結果を残し、急激に増えたので当たることは十分考えられました。しかし回してみて、「緑単ほど勝ちきれるデッキではないのではないか」という感想を得ました。実際、平城CS前にvault大会で現在の形の黒単が決勝まで残ったことはありません。CS優勝時には初見殺しの性能が加わり強いデッキ選択だったのだろうと思いますが、現在は多くの人に認知されているのも向かい風。
そこで、「ハンデス系統のデッキは予選卓では1回当たるかもしれないが、勝ちきれるデッキではないので決勝トーナメントで当たる確率が低く、当たらなければ優勝が狙える。予選で1回当たると負けるが、平城CSの予選ルールとして2-1は全員上がれるので2-1抜けを狙う。」という大会プランを立てました。


●構築について
・シノビ6枚
 増やしました。緑単に回られるとシノビ5枚をフル動員させないと止められないような状況が発生しうるので1枠追加することで安定感が増します。またグレンモルト系統が以前より少ないという背景からグレンマルを減らし、ハンゾウを1枚。緑単の4コスト6000進化、白単のサイレンストパーズが視野に入り、グレンモルトの除去の役割は変わらずに担うことが出来ます。ゼロカゲでないと止められないイダ等を考えてゼロカゲが2枚。ハヤブサマルは抜く理由が考えられず、シシガミグレンオーは唯一の一対多交換が出来るシノビとして。

・初動8枚
 ずっと鼓動する石版を入れて9で回していたところを1枠フェアリーシャワーに回して8に。動ければ受けが強くなっています、最悪4ターンスタートでも勝てるデッキであること、優勝する日であれば引けないと勝てないゲームでは引けるはずという根拠の無い自信から攻めることに。

・パクリオ1枚
 前日はMASが1枚パクリオだったのですが、回してみてやっぱりMASは3欲しいと思ったのでパクリオ減らし。このカード強いっちゃ強いんですが、出してると自分のフィニッシュターンが1ターン遅れること、フィーバー4投の時代ほど手札の余裕が無いのでこちらの手札を減らしてまで相手の妨害をする利点が薄れていること。この2点を考えると多くは入れられません。簡単な話、パクリオ連打すると相手はトップ勝負することになってきますがその間自分の手札は全く増えずに状況が進展しないので、粘ってるうちにトップ叩きつけられて負けってことが発生しやすくなり自ら負け筋を作ることに繋がりかねないわけです。

・超次元
正直エビデゴラスしか出したことないしエビも2あれば十分なんですが、エビデゴラスを差し置いて入れるものもなくいいブラフも思いつかなかったので4。ファンパイはもしかしたら投げるかもしれない、エビデンスはこの2種を差し置いて出すことが無いので抜き。残りの3枠はなんでもいいんですが、ファンパイで相手の山を飛ばして次元呪文だった場合に出すことをコンセプトに選択。殴りかかってる状況なので打点を増やしたら勝てるかもしれないので勝利ガイアール、1マナ縛ったら間違って勝てるかもしれないので勝利リュウセイ、殴ってる相手ってドロマーかなんかだろうと思うので山攻めたら勝てるかもしれないのでヴォルグサンダー。


●プレイに関して
・緑単
 一番分かりやすい勝ち方は先攻とってブーストから吸い込むナウを撃つこと。刃鬼などとは違いこのデッキは7マナあれば動けるのでマナを伸ばす目標がここになります。すると最速はブースト→ブーストブーストなのですがこの線は薄く、それ以外だと2467といった動きが考えられます。が、速度では2457と動いたときも変わらず、緑単の初動であるナムアウェイキや双月をバウンスしてやると相手の最速パターンだけが崩れるのでこれを狙います。あとはシノビを出来る限り握り締めながら包囲網へ繋いだら勝てます。

・黒単
 タイガニトロ1枚で詰むので引かれないことを祈ります。なんとかMASまで繋いで包囲網が撃てれば、手札が増やせるはずなのでもしかしたらがあります。基本的に無理です

・ドロマー
 この構築ではバトウヴォルグをどうやっても超えられないので基本的に無理です。しかしこのデッキタイプが他のデッキ全てに勝てるとは到底思えないので気にしていません

・刃鬼
 動きが鈍くなる白刃鬼相手は得意な方です。相手の11マナに対してこちらは7マナを2ターン続ければいいので1ターンぐらい先に決まるかな、という感じ。ダイハードリュウセイの処理が多少面倒なのでもたつくと追いつかれますが基本的には大丈夫でしょう。あとは1つの勝ち筋として、逆転のオーロラで自分の盾を消し飛ばせば刃鬼のガチンコジャッジの回数を減らすことが出来ます。




●大会レポ
向かい側の3人と戦う予選形式。予選卓が発表されて知った人いるかなーと思ったらサンダースさんと当たることが分かる。その後向かい側に座った方が2人ともサンダースさんと談笑し始めてあれっこれやばい卓に当たったんじゃねと内心焦り始める。


予選1回戦 緑単 ○
先攻。フェアリーライフスタート、相手双月こちら上に書いた理想的な動きで吸い込むナウ。その後ライフプラン、包囲網シシガミ見せ、包囲網と動いて勝ち。

予選2回戦 イメンループ ○
先攻。ブースト、相手動きなし、こちらシャワー相手動きなし。マナ溜めて返すとジェニーが出てくるがこちら手札が包囲網、包囲網、ゼロカゲ。包囲網落とされるが7ドロー、次ターンも包囲網撃って勝ち。

予選3回戦 黒単 ●
先攻。MAS包囲網撃つことが出来ず特に見せ場も無く負け。


2-1で予選抜け。

本戦1回戦 白刃鬼 ●
後攻。包囲網を撃つところまで持ち込み、2回目も撃って手札が足りるものの、パクリオでフォーミュラが落とされる。その後山札を1周させて確認するも2枚目のフォーミュラと逆転のオーロラが盾落ちしておりこちらの勝ち筋が殴りきりしかなく、展開前に刃鬼が出てきて負け。



環境読みが上手く嵌っていただけに、プレイで回避しきれない負け方をしたのが残念。マッチだったら全然勝てたでしょうが1本勝負の怖さというのを味わいましたね。
予選抜けすら出来ず悶々とした大会ばかりだったので、そういう意味では今回はまだ良かったです、負け方も悔しくはありますが納得できるものなので。
近いうちにまたCSに出たいと思える大会でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/20(金) 05:03:13|
  2. 大型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://inishi8.blog59.fc2.com/tb.php/183-5ce79ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

>